【事業再構築補助金|第七公募から新設される「物価高に対応した緊急対策枠」とは?|Eテンポ厨房.COM大阪】


【第七公募から新設される「物価高に対応した緊急対策枠」とは?】

第六公募の締切直前で次回の七次公募から新設される

「物価高に対応した緊急対策枠」

が先日発表されました。


【無料相談はこちら】

事業再構築補助金についてぜひお気軽に無料相談までお問合せください。

URL:https://www.etenpochubou.com/contact-hojokin-sodan



先般よりコロナやウクライナ情勢、円安などの影響もあり、

物価高や原油高、物質不足、ロシアとの貿易制限などが起こっています。


次回から新設される「物価高に対応した緊急対策枠」は、

原材料費の高騰により値上げが必要な企業、

原油高の影響を受けている企業、

原材料そのものが手に入りにくくなった企業

などに対する補助金です。


「緊急対策枠」は「回復再生応援枠」と比較すると

約2倍の金額が狙える補助金になります。


ちなみに従業員5人以下の企業の場合

 通常枠    :上限2000万円 

 回復再生応援枠:上限500万円

 緊急対策枠  :上限1000万円


「緊急対策枠」は次回の七次公募からです。

六次公募では金額の変更はありません。

加点措置がありますので、該当企業は若干補助金をもらえる確率が上がるかもしれません。


「緊急対策枠」事業再構築の事例
「原材料高、物価高騰」による影響

フライ菓子など製造事業者

コロナの影響で実店舗への売上、客足減少に加え、小麦粉や油などの原材料高騰する一方

仕入れ単価の値下げが難しく、売上利益共に減少。

しかし、既存加工技術を活かしドライフルーツを製造する機器を導入。

原材料、物価高騰の影響受ける体制から脱却し、新たな市場開拓をはかる


事業再構築とは新分野展開、業態転換などのこと

この補助金は、ポストコロナ時代の社会の変化に対応するために事業再構築に取り組む中小企業等に交付されます。



事業再構築とは、新分野展開、業態転換、事業転換、業種転換、事業再編などを指します。


新分野展開:新製品の製造、または新サービスの提供によって新市場に進出すること
業態転換 :製品の製造方法、またはサービスの提供方法を変えること
事業転換 :新製品の製造、または新サービスの提供によって主たる事業を変更すること
業種転換 :新製品の製造、または新サービスの提供によって業種を変えること
事業再編 :合併や会社分割、株式交換などを行い、新分野展開などを行うこと



事業再構築補助金について気になる方はぜひ無料相談までお問合せください。

URL:https://www.etenpochubou.com/contact-hojokin-sodan



*前回までの記事

【いままでなぜ補助金をもらい損ねてしまうことがあるのか?】


【しっかりおさえよう!事業再構築補助金の概要】


【必見!事業再構築補助金の活用事例】


【ポイントおさえよう!補助金審査ノウハウ】



Eテンポ厨房.COMへの補助金に関するご相談はこちら(無料)

24時間365日、いつでもご相談・お問合せにご対応致します!

専門家へ個別に相談したい内容をまずはご入力ください

個別相談お申込みはこちらのフォームよりお気軽にお問合せください