【補助金審査ノウハウと受け取りの流れ|Eテンポ厨房.COM大阪】


【補助金審査ノウハウと受け取りの流れ|Eテンポ厨房.COM大阪】


【ポイントおさえよう!補助金審査ノウハウ】

一般的な補助金の採択率(=もらえる確率)は50%前後といわれています。

しかしながらポイントをおさえて申請すれば、採択率8割を超えることも可能になります。


補助金申請でおさえるポイントは下記の2点です。


ポイント① できるだけ早めに申請する

補助金は通常5~10回の複数回に分けて募集をします。できる限り早めに申請するとよいです。

早期申請は申請者数そのものが少なく有利といわれております。また2次募集3次募集では落選者も再申請してくるので申請が遅れるほどライバルが多くなってきます。


ポイント② 点数を上げるための対策をする

補助金では申請者の状況や提出書類に点数をつけて、点数が高い順番から補助金がもらえます。

点数を上げることが重要になります。一般的なテストなどと異なり、点数が加算されるポイントが公開されています。

例えば「経営革新計画の承認」や「事業継続力強化計画の認定」は点数加算の予定です。

こちらは今のうちに取得しておきましょう


<参考:大阪府>

「経営革新計画」はこちら

http://www.pref.osaka.lg.jp/keieishien/keiei/


「事業継続力強化計画」はこちら

https://www.kansai.meti.go.jp/2chuusyou/saigai/jigyokeizoku.html


【補助金受け取りまでの流れ】
<事前準備>

1、「Gビズプライム」の取得(取得まで2週間~4週間)

https://gbiz-id.go.jp/top/

→簡単に申請できます


2、加点対象の「経営革新計画の承認」の取得

http://www.pref.osaka.lg.jp/keieishien/keiei/

→専門家への相談や依頼も視野に取り組むとよいかもしれません


3、加点対象の「事業継続力強化計画の認定」の取得

https://www.kansai.meti.go.jp/2chuusyou/saigai/jigyokeizoku.html

→専門家への相談や依頼も視野に取り組むとよいかもしれません


4、事業計画書の作成

→専門家への相談や依頼も視野に取り組むとよいかもしれません


5、補助金で予定してる対象物の見積

→業者へ事前に見積相談


<申請の流れ>

(1ヶ月程度事前準備)

→上記1~5を準備


1、応募期間(1~2か月間)


2、(応募締切から約1ヶ月後に)結果発表


3、採択者は交付申請

→資金が不足する場合はつなぎ融資準備


4、(約1か月後に)交付決定

→交付決定前に購入した物は補助対象外


5、物品購入して事業スタート

→自己資金が不足する場合は融資利用


6、(事業スタートから数か月後)補助金請求