【しっかりおさえよう!事業再構築補助金の概要|Eテンポ厨房.COM大阪】


【しっかりおさえよう!事業再構築補助金の概要|Eテンポ厨房.COM大阪】

事業再構築補助金は3月の詳細発表の大型の補助金です。

金額も大きく(最大6000万円)採択される可能性が高い補助金です。


詳細はすでに発表されていますが応募開始は3月の予定です。

ザックリの概要は、

1、コロナ前と比較して売上が10%以上減少

2、ビジネス修正や新分野展開のための経費を2/3補助

3、100万円~6000万円支給される


ビジネスの再構築が目的ですので、多少なりとも業態転換が必要です。

例えば飲食店であればテイクアウトスペースを作ったり、テイクアウト専用のサイトを作ったり、冷凍食品をECサイトで販売したり、

デリバリー弁当をはじめたりという取り組みが対象となります。

あくまで一例ですので、これ以外にも業態変更に必要な経費であれば補助金対象になるかと思います。


また新分野展開も補助金の対象なので、飲食店をやめて介護事業を新規にはじめるというようなケースも補助金の対象となります。


逆に業態転換の伴わない既存ビジネスへの出費は補助金対象外となります。

飲食店が厨房機器を買い替える、グルメサイトに出店するという内容だけでは補助金対象にはならないと思われます。


<対象者>

コロナの影響で売上が10%以上減少した中小企業及び個人事業主

業種、地域は問いません

※コロナ前の売上データが必要あので開業(起業)が2020年1月以降ですと対象外になります。


<金額>

100万円~6000万円(補助率2/3)

※例えば、合計300万円の物を購入したら200万円が後日キャッシュバックされるという意味です。

※状況により補助率は3/4まで上昇になる可能性があるようです。


<補助対象>

事業の再構築のために、新分野展開、業態転換にかかる出費

事例)建物費、建物改修費、設備費、システム購入費、外注費(加工、設計等)、研修費、広告・販促費(広告作成、媒体掲載、展示出展)等

※人件費や旅費、仕入、自動車、土地などは対象外です。

※建物費は対象になるようですが、すべての建物が対象になるわけではないようです(詳細未定)



次回は「補助金の活用事例と補助金審査ノウハウ」について


前回記事

【いままでなぜ補助金をもらい損ねてしまうことがあるのか?】



Eテンポ厨房.COMへの補助金に関するご相談はこちら(無料)

24時間365日、いつでもご相談・お問合せにご対応致します!

専門家へ個別に相談したい内容をまずはご入力ください

個別相談お申込みはこちらのフォームよりお気軽にお問合せください