【設備が強いお店をつくる(換気は実は給気が目的)|Eテンポ厨房.COM|大阪】


【設備が強いお店をつくる(換気は実は給気が目的)|Eテンポ厨房.COM|大阪】

設備というのは、お店つくりの中で最も地味な存在です

しかし設備は、強くて快適なお店をつくるにはとても重要な存在です。



今回は設備の中でも重要なひとつ、換気について書いてみました。


飲食店のほとんどは加熱機器など火を使う厨房設備が備わっており、それに伴い換気設備も備わっております。

火が使えるということは、空気中の酸素が消費されており、逆に申し上げますと酸素がないと火が燃えません。


火が使えるようにするには換気をして空気(酸素)が不足しないように空気を供給(給気)しています。


要するに換気は給気することが目的とした設備といえるのです。


排気が正常稼働するには給気の存在が大事


飲食店の厨房の換気計画は給気の計画もセットで設計します。


最近の飲食店が可能なテナントビルでは換気用の穴と同じサイズの給気用の穴が開いていることが多かったり開けてもよかったりしますが、

飲食用のテナント向けではあるのにもかかわらず、換気用の穴が1箇所しかないということもまだまだ多く見受けられます。


そのようなときは施工業者は、テナントの現状をみてどのように給気をしようかと考えて換気計画を立てます。



給気が不足した店舗でよくある症状としてあるのが、


・ドアからのすきま風がある


・入口の開き戸が重く、勢いよく閉まる


・排水の匂いがする(特に厨房)


・窓やドア廻りにホコリがたまりやすい


・調理して煙が出ているのにスムーズに換気できない


これは給気口の大きさや給気量の不足が原因だと考えられます。


給気というのは換気と同じ量だけ必要になってくることから給気にも換気と同じくらいのコストがかかってきますが

機械給気になってきますとコストカットの対象になりやすいのが現実です。


しかしコストをかけてでも換気と同じく設備導入を検討する価値があるのが給気の存在です。


ご相談、お問合せはこちら!

24時間365日、いつでもご相談・お問合せにご対応致します!

・飲食店等の実績多数

・現調から見積、プランまで無料!

今すぐご相談・お問合せした方はこちらから