【HOW TO】業種別|焼鳥店|設備と内装ポイント

    焼鳥店の内装ポイント①|焼鳥店にはどんな設備が必要か?

    焼鳥店は焼肉店同様に重飲食店というカテゴリーとなり、

    設備が重要な業態になります。


    特に焼鳥店では、焼き場を炭、ガス、電気

    どれにするかによって、排気設備の内容や出店場所まで変わってきます。


    また焼鳥店では、ニオイや煙以外にも排気の音が騒音につながる恐れがあり、

    設備工事には細心の注意が必要です。



    焼鳥店の内装ポイント②|落ち着いた内装デザイン


    落ち着いた内装デザインを演出するには、

    ダークブラウンの木素材と照度低めのペンダントライトで

    全体的に落ち着いた雰囲気の演出をすることが多いです。


    また厨房をカウンターで囲むようなデザインにして、

    料理場をオープンキッチンにしてライブ感を出す空間演出することもあります。


    焼鳥店の内装ポイント③|焼鳥店狭小物件とは?


    焼鳥店では内装デザイン上でも狭小物件がおすすめのひとつです。

    空間が狭いと機能性を上げることができ、厨房動線も無駄なくデザインできます。


    また焼鳥店で狭小店舗ですと、立ち飲みスタイルも可能にし、

    回転率を高めて、利益を確保しやすくするという方法もあります。



    ■ご相談、お問合せはこちら!

    24時間365日、いつでもご相談・お問合せできます!

    飲食店等の実績多数

    ・現調から見積、プランまで無料!

    ⇒今すぐご相談・お問合せした方はこちらから