【HOW TO】業種別|バル|他店と差別化内装のポイント

バルの内装ポイント①|まずはコンセプト決めから


バルは元々軽飲食喫茶という意味からはじまったおり、

お店に気軽に入れますというコンセプトで運営しているお店も多くあります。

飲食店の激戦区でも十分集客ができているお店ではコンセプトにブレがありません。


たとえばイタリアらしさのあるインテリアとテーブル席を多くあるお店もあれば、

対面式にしてカウンター席のみのバルもあります。

また一品料理を充実させてお酒を楽しむ場では、カウンター席中心のデザインであるこも少なくありません。


コンセプト決めでは、

他店をベンチマークして良いところだけを集めて参考にするだけではなく、

コンセプトを一つに絞り込んで集客に内装デザインに繋げていきましょう。


バルの内装ポイント②|コンセプトがぶれないこと


バルに限らず飲食店の内装デザインで大切なことはコンセプトにブレがないことです。


こだわりを明確に持って磨いていくことが、

やがて集客や口コミへと繋がり売上増加へと繋がっていくのです。


お酒や食事のしやすい空間にするのか等バルの形は様々です。

出店地の立地や予算を見直してどういう店舗にしていくかをよく考えて内装デザインのコンセプトの方向性を決めていきましょう。



バルの内装ポイント③|落ち着いて食事ができる空間つくり

バルの内装デザインでは、照明や空気、盛り付けなどで演出して、

シンプルで落ち着けるデザイン空間を提供しているバルもあります。


本場の空気感を大切にするバルの内装デザインもありますが、

コンセプトの方向性に合致しているを確認していきましょう。


■ご相談、お問合せはこちら!

24時間365日、いつでもご相談・お問合せできます!

飲食店等の実績多数

・現調から見積、プランまで無料!

⇒今すぐご相談・お問合せした方はこちらから