【HOW TO】|電気設備|店舗の設備工事にかかる目安とは?

飲食店の電気設備工事




飲食店の電気工事では、まずは店舗の電気容量が足りるか足りないかによって、

大きく費用が変わってきます。


物件を決める際に、使用予定の空調や厨房機器等の電気総容量に対して、物件の電気総容量が足りているかの確認が必要です。


もし電気容量が足りない場合は、幹線の引き換え工事が必要になってきます。

幹線の引き換え工事とは、電気を供給している幹線が細く、電力が足りない場合、太い幹線に変えて電力容量を増やす方法です。


電気容量が足りていれば、必要に応じて劣化した分電盤を新しくする分電盤工事や

照明・スイッチ・コンセント、空調などの配線工事をおこないます。




電気設備工事の相場とは?



幹線工事、照明器具等の費用を除いた場合での電気設備工事の目安は、

坪数や他状況にもよりますが、40万~60万程度が目安になります。


電気工事に関する内容をもっと詳しく知りたい方はこちらまで