top of page

【製氷機が故障する原因とは?対処法やエラー表示について解説|Eテンポ厨房.COM|大阪】


【製氷機が故障する原因とは?対処法やエラー表示について解説|Eテンポ厨房.COM|大阪】


飲食店では氷を製氷する製氷機は必須機器となっており、製氷機に不具合が起きると営業に多大な影響を及ぼします。


製氷機が不具合起きたときの対処法や製氷機の耐用年数などを解説いたします。


製氷機が故障する原因とその対処法とは?


製氷機の故障にはさまざまな原因があります。


氷ができない、製氷のペースが遅い

これらの症状はフィルターにゴミが付着している可能性があります。


フィルターを取出し、清掃をしましょう。


故障だと思ってもフィルターを掃除するだけで機能が大幅に回復するケースもあります。



製氷機から水漏れ

まずどこから水漏れしているのかを確認しましょう。

ナットなどの部品がゆるんでいる可能性もあります。



各メーカーのエラー表示
(メーカー別)製氷機エラーコード
.pdf
ダウンロード:PDF • 61KB


製氷機の修理を依頼される前に「故障かな?」と思われたときは、

動作の異常チェック
動作異常(製氷機)
.pdf
ダウンロード:PDF • 98KB

製氷機の耐用年数

製氷機の耐用年数はおよそ6年から8年程度です。

まめに定期的なメンテナンスをしている場合にはこれよりも長く使えることはあります。


中古の製氷機を購入するメリット

製氷機は厨房機器の中でも高額な機器です。

買い替えるときに少しでもコストをおさえることができるのが中古品です。

中古品は再販のためにしっかりとメンテナンスをしているため状態もよく問題なく利用できます。



Commentaires


bottom of page