【HOW TO】ファサードはお店の顔。集客につながる飲食店のファサードの役割とは?

    お店の顔。ファサードの役割とは?


    ファサードはお店の印象を大きく左右し集客にも影響します。

    ファサードはお店の業態や雰囲気を表現します。

    歩行者がお店に入るかどうかはファサードをみて、お店に入ってからのイメージが湧くかどうかという役割があります。

    たとえば、スペイン料理店を探しているとき、まずはファサードでどんな国の料理を提供しているお店なのかを判断する人も

    多いはずです。ファサードにスペインの国旗を掲げたり、レンガ造りのバル

    のような雰囲気で印象付けると、スペイン料理を探しているお客様を

    誘導しやすくなります。


    集客につなげるファサードとは?

    ファサードはお店のターゲットを引き込めるように、

    業態やコンセプトがイメージしやすいようにわかりやすく表現することが大事です。


    ファサードはお店のターゲットとコンセプトに合わせる

    まずファサードで集客したいターゲットに対してどのようにお店の顔をつくるかを考えます。

    たとえば、価格設定が高めで、お金に少し余裕のある年齢層高めの客層をターゲットにしている場合、ファサードは少し重厚感のある高級な雰囲気にした方がよいでしょう。

    ファサードをカジュアルで値段設定が高めになった場合、お客様は「自分のイメージと違う」と感じ、来客につながらないことがあります。




    お店の立地を踏まえてデザイン設計や誘導動線を考える

    店舗の顔となるファサードは、立地や人の流れよってデザインする必要があります。

    たとえば、間口が狭いお店や地下や2階以上にお店がある場合、道路からお店が目立ちにくいため、目につくインパクトのあるファサードにするのがいい場合などがあります。



    お店を外からみてお店の雰囲気がわかるようにする

    外から中の様子がわかりにくいお店は、初めて訪れる人にとっては、入りにくいものがあります。

    「ファサードをガラス張りにする」「入口を開けておく」などをすると、店内の雰囲気が伝わるでしょう。

    地下や2階以上の店の場合は、店への階段を明るく照らしておくのもいいでしょう。


    また店頭にメニューなどを設置して、どのような料理があるか、価格帯はどのくらいなのかもわかるとよいかと思います。